前へ
次へ

交通事故を歩行者やドライバーが防ぐ

交通事故が起きる原因にはさまざまなことがありますが、日中よりも夕暮れ時に歩行者が死亡する事故が多発していることが分かっています。
この時間帯の交通事故を防ぐにはドライバーを始め歩行者なども、自分自身で安全を確認できるような状況を作り出す必要があります。
ひとりひとりが気をつけることでトラブルを未然に防ぐことができるため、いろいろな対策をやっておく必要があります。
横断歩道を渡る歩行者は、基本的に自分の歩きやすいところを歩行する可能性が高く、赤信号でも車が来てないと見えれば渡ってしまう人も多くいます。
しかし、それらの渡り方をしていると気持ちが油断しはじめて車の確認を怠って道路を横断する人もいます。
こういった人が増えてきた要因のひとつには歩きスマホなどがあり、前方や左右を確認しないまま横断歩道を渡ってしまう歩行者が後を絶ちません。
まず歩行者が気をつけなくてはいけないのは、周りの状況確認を必ずすることです。
そして歩きスマホなどの危険な行為を止めることで自分の身を安全に守ることが可能で、ドライバーで必要な注意事項としては必ず前方の確認を怠らないことになります。
ドライバーは運転している以上、交通事故にあう確率が高いということを常に自覚をして乗らなくてはいけません。
特に夕方になると歩行者が見えにくくなることもあり、相手が黒など淡い色の服装は発見しにくいというデメリットがあります。

防火対応ものも直せます
古くなった防火ガラスがございましたら、ガラス修理.comにお問い合わせください。

手ぶらでバーベキューを楽しめるサービスも提供する車両レンタル会社
あらかじめカットしたバーベキュー用の食材をお届けするサービスもしています。

安心のエクシブ会員権をお届け
仲介を設けることで、売主様、買主様ともに信頼できるお取引を実現いたします

そのために車を運転するドライバーでは必ず前方確認を忘れないことを必要とされます。
そして高齢歩行者などは自分が渡れると思っている時間内に渡れないことも多くあるので、こちらの時間差にもドライバーは注意を向けなくてはいけません。
ドライバーが気をつけることで交通事故を減らすことができる方法としては、走っている速度を減速しながら横断歩道に近づくことが大事です。
減速しながら近づくことで、急ブレーキをかけなくてすむことができますし、視界も見えやすいというメリットがあります。

Page Top